育児休暇の期間はいつまで?どうすれば貰えるの?育児休暇のアレコレ

スポンサーリンク


育児休暇は働いている人に与えられている権利です。

産休育休を取って、十分休んでから復帰をする形が主流になりつつあります。

私も現在、育児休暇を取得し、休暇をもらいながら育児に奮闘していますが、「休暇」とは言っても正直仕事してた時より今の方が比べ物にならないほどしんどいです(汗)

それだけ子育てには気力も体力も奪われます。

まぁ1人目だからっているのもあるのかもしれませんが…

だから、育休取れずに産後すぐ復帰している友人がいたんですが、めちゃくちゃ大変だっただろうなぁって今ならわかります。中には育休取れないからそのまま辞めたんだ〜って友人も。

そもそも何で育休って取れたり取れなかったりするんでしょう?知ってますか?

これから職を探している人も、育休を取りたいけど制度がよくわからない…なんて方!

育休ってどれくらいの期間をさすのか、その期間中何が保障されるのかなど、こまかくご説明したいと思います!

スポンサーリンク


「産休」「育休」って何が違うの?

よく「産休育休」って言いますよね。この違い知ってますか?実は全く別物なんです。

まず「産休」ですが、「産前産後休暇」のことを指します。

じゃあいつから産前で、いつまで産後なんでしょう?

産前休暇は出産予定日から遡って6週間前(双子は14週前)、産後休暇は出産日から数えて8週間後までを指します。

つまり出産前後の休暇のことを産休といいます。

ざっくり言うと出産予定日の1ヶ月前から休めて、出産してから2ヶ月くらいまでが産休ってことですね。

ちなみに「産前休暇」を取るかどうかは個人の自由なので「ギリギリまで働きたい!」「ちょっとでもお給料多くもらいたい!」って人は好きなだけ働いて大丈夫です。(もちろん母体最優先で!笑)

反対に「産後休暇」は法で定められているものなので絶対に取らなければいけない休暇です。

だから「産休」がとれない職場って本当は違法なんですよ。

まだまだあるのが現状ですがね…。

次に「育児休暇」ですが、一般的には産後休暇が終わる翌日から、子どもが1歳になる前日までもらえる休暇のことを指します。

つまり産休→育休と続けて取ることで1歳になるまで休めますよってものです。

ただ、この「育児休暇」は会社独自に期日を設けられるので、例えば郵便局などは3年取れますし、公務員も3歳になるまで取れますよね。

大手企業やワーママを大切にしてくれている企業では多く見受けられます。

そういう職場だと育休中に2人目ができて続けてまた産休に入る人もいます。

「産休」「育休」を取る条件は?

産休と育休をもらうためには、まず職場の規定に「産休育休制度」が定められているかの確認が必要です。

いくら制度が整ってきていても、残念ながらまだまだ妊婦に風当たりの強い会社は多く存在します。

私の友人も妊娠を告げると「じゃあもう明日から来なくて大丈夫だよ」なんて言われたり、働く意思のあった友人も「何かあっても責任取れないし休んだ方がいいんじゃない」と悪阻もなかった妊婦なのに出産まで欠勤扱いにされたり、不当な扱いを受けていました。

だから、産休育休を取って復帰したい!って気持ちがある人は職場がその制度を設けているか確認した方がいいです。

就業規定は本来は従業員がいつでも閲覧できるようにしておくよう定められていますが、これも適当な職場は見られないようですし、仲のいい先輩などに聞いてみてもいいかもしれません。

これから職を探すって人は、お子さんを考えているならその制度がある会社をおすすめします。

そして、一般的には勤続1年以上経過していて、復帰する見込みがあるなら取得できるところが多いかなと思います。

ただ、この後にも説明しますが、仮に勤続1年未満での取得が可能であっても、勤続年数が1年未満だと休暇期間中の「手当て」が受給条件を満たさないためもらえない可能性が出てきます。

「産休」「育休」中に貰える手当てはあるの?

産休中に支給される手当てを「出産手当金」と言います。

いわゆる産休手当てというものですね。

これは加入している健康保険組合から支給されます。

それってどこ??って人は自分の保険証を見てみてください。

「全国健康保険協会」と記載されている方が多いかと思いますがそれはいわゆる「協会けんぽ」というところになります。

その他にも「組合健保」や大手企業ならその企業独自の組合があります。

ただし保険証が「市町村」の方は社会保険ではなく国民健康保険になり、産休手当ては社会保険からでる制度なので残念ながら手当てはありません。

「歯科医師国保」のみ1日1,500円ほど出ます。

社会保険でも扶養内の人は対象外です。

そして育休中にもらえる手当てを「育児休業給付金」と言い、これが育休手当てと言われるものです。

こちらはハローワークから出る給付金なので、雇用保険を支払っている人がもらえます。

払っているかどうかわからない人は、毎月の給料明細を見てみてください。控除欄に雇用保険とあり、そこでお金が毎月引かれていれば雇用保険をかけていることになります。

どうしたら給付金がもらえるの?

産休手当

産休手当ては「自身で社会保険をかけている人」がもらえます。

なのでご主人の扶養から外れているパートの方や契約社員の方であれば、正社員でなくても給付されます。

出産手当金は産後休暇が終わった後、産前産後まとめて申請するパターンと、出産後に産前休暇分を申請し、産後に産後休暇分を申請するパターンと2パターンありますが、事務手続きが増えるため、多くの会社がまとめて申請すると思います。

なので「産休手当て」とはいっても、手当てが支給されるのは産休に入ってから3〜4ヶ月はかかるということになります。

育休手当

育休手当ては「雇用保険をかけて1年以上働いている人」がもらえます。

育休手当の条件はとても細かくややこしいのですが、条件の一つとして月に11日以上働いていないとダメ(この月というのも1〜30日の間で計算するものではないので余計ややこしいのですが…)、というものがあるので扶養内パートの方でも勤務時間は少なくても日数は確保しておいて欲しいと言うのが大事な点です。

この手当ては育休開始2ヶ月後から2ヶ月ごとに申請ができるので、こちらも最初の育休手当てが出るのは早くても産後4〜5ヶ月後と思っておいてください。

簡単ではありますが、ざっくりと産休育休の期間中のご説明をしました。

  • 産休育休制度が、働いている職場にあるか
  • あるなら取得するのに条件はあるか
  • その条件を自分は満たしているのか

を確認してみてください。

もちろん子どもは授かりものですから何でも計算しながらやることに抵抗はあるかもしれませんが、「あと1日あれば手当てが出たのに…!」と悔いている人が実際たくさんいるんです。

1年無給なのと、1年手当てが保障されているのとでは大違いですよね!

ちゃんと確認しておけば…なんて後悔をしないためにも、今働いている人も、これから仕事を探す人も目安として参考にしてみてください。

育児休暇取得の条件とは?もらえるお金はあるの?これを見れば全て解決!!

育児休暇中の給料はどうなる?手当てをもらいたい人必見!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です