幼保無償化とは?私の子どもは対象?申請に必要なものは?

スポンサーリンク


今年の10月から保育料の無償化がスタートしましたね。

「私の子どもって対象?」「非課税世帯って何?」「3歳の月から無料になるの?」などネットの質問箱やママ専用アプリなどでは毎日のように質問が繰り広げられています。

見切り発車も否めない制度ではありますが、それでも無償化になるのは助かりますよね。

でも、お子さんが通っている場所によっては申請しないと無償化の対象にならないこともあるのをご存知ですか?これを読んで仕組みや流れを理解してみましょう!

スポンサーリンク


幼保無償化ってどういうこと?

幼保無償化とは、幼稚園や認定こども園の教育費、保育所等の保育料が補助される制度です。子育て世帯には朗報ですね。

現在年4回支給されている児童手当と違い、所得制限は設けられていない(0〜2歳児には制限あり)ため対象児がいる世帯全員が対象となります。

また、幼稚園や保育所、公立・私立、認可・認可外問わず保障されます。ですが、幼児教育や保育にかかる全てのものが無料になるわけではありません。

幼稚園・認定こども園・保育園に通う3〜5歳児

3〜5歳児クラスは所得に関わらず全員が無償化対象となります。

短時間保育の人と認定こども園に通う1号認定の子、保育時間の長い子と認定こども園に通う2号認定の子とで2種類の制度に分けられますがどちらの子でも無償化の対象です。

幼稚園の場合

2万5,700円が助成の上限です。保護者の就労証明の提出で預かり保育分も1万1,300円までは保障されることになります。
なので上限からはみでた分はこれまで通り負担することになります。

保育園の場合

3万7,000円が助成の上限です。

保育園・認定こども園に通う0〜2歳児

 

0〜2歳児に関しては、無償化になるのには条件がつき、「住民税非課税世帯であること」が必須となります。

扶養人数などによって地域差は出ますが、おおよその年収が200〜300万の世帯が対象と考えてください。

非課税世帯であれば、認可外に通っていたとしても4万2,000円を上限に補助されます。

共働き世帯は、高い方だと7〜8万の保育料の支払っていると思いますが、残念ながら共働き世帯などの一定の収入がある家庭は対象外となってしまうのが残念ですね。

母子家庭や生活保護などを受けて生活している人などが今回の対象となります。

無償化対象外の施設もある

認可外の保育所であっても上限が設けられて多少の恩恵は受けられますが、認可外保育施設として自治体に届け出をしていない施設は、今回の無償化は対象外となります。

認可外に通わせている方は、通っている園がきちんと届出をしている園か確認をしてみる必要がありますね。

無償化されるのには申請が必要?

基本的には手続きは不要です。

ただし、預かり保育の分や認証・認可外に通っている方などは、保育の必要性があるかどうかの認定が必要になるため、申請が必要です。

これは自治体によって様々なので、お住いの自治体のホームページを参照してください。

また、この申請が遅れたことによる過去の保育料の返還は基本的にありませんので、まだ申請されていない方は早急に申請することをおすすめします。

3歳になった月から無料になるの?

3〜5歳が無料なのはわかりましたが、3歳と、3歳児クラスではお子さんの年齢が違いますよね。

3歳になったその月から無料なのか。それとも4歳を迎える3歳児クラスからが無料なのか。

基本的には3歳児クラス、つまりは年少さんからが無償化の対象となります。

ですが、幼稚園などでは3歳になった月から無償化としてくれるところもあります。

そして、自治体によっては独自の政策で幼稚園でなくても設けている市などもあるそうですから、自分の住んでいる場所がいつから無償化の対象になるのかは、市役所の人に聞いてみるといいと思います。

幼稚園・保育所以外にも無償化になるもの

幼稚園・保育所以外にも、障害児の発達支援、企業主導型保育、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリーサポートセンターなども対象となります。

いずれもお住いの市町村から「保育の必要性の認定」を受ける必要があるので、お問い合わせください。

増税も始まり、お財布に痛い生活ですが、月数万の保育料が浮くのは助かりますよね。

  • 3〜5歳児のお子さんがいる世帯
  • 非課税世帯

の方は、保育料が無償化になります。加えて、市町村独自の制度もスタートしていますので、一度確認してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です