赤ちゃんに水道水はダメ?浄水はなにがいい?先輩ママが徹底検証!!

子育て中の皆さま、こんにちは。

私は今、4歳の男の子と2歳の女の子の子育てをしているママです。

皆様は、赤ちゃんに水道水って飲ませていますか??

なんだか水道水ってきくと、カルキ臭いとか、衛生的に不安、などのイメージがありますよね。

私も一人目が生まれた後、除菌・抗菌などの言葉に敏感になりすぎていて、

調乳する際に水道水を利用することにとても不安を感じていました。

 

水道水が絶対にダメ!!ということではありません。

 

でももし赤ちゃんに水道水を飲ませることに、少しでも不安に感じたり、疑問に感じているのであれば、

水道水以外の浄水したお水を使用することをおススメします。

 

そこで、私が実際に水道水以外のお水を購入し、子育てママが使いやすものを徹底検証してみました。

スポンサーリンク


 

赤ちゃん用のお水を購入しよう!!

スーパーやドラッグストアのベビーフード・ミルク用品の所に
“赤ちゃん用の水”が置いてあるのを見たことはありますか?

それがまさに調乳時に使っていただきたいお水です。

メーカーにもよりますが、“赤ちゃん用のお水”として発売されているものの殆どが純水であり、加熱殺菌済みですので安心安全です。

私は子供が新生児の際は、こちらのお水を利用していました。

ペットボトルが2L、500mlのサイズがあるので、おうちでは2L、お出かけの際に500ml、と使い分けて購入していました。

ただ少し割高なのがちょっとネックでしたが(笑)

 

キャップを開けたら必ず冷蔵庫で保存し、3日以内に消費するようにしなければなりません。

それもちょっと毎回使い切るか微妙な量で、捨てることもしばしばありました。

 

ウォーターサーバーが便利!!

“赤ちゃん用のお水”が安心安全なのはもちろんですが、飲む量が多くなってくると、消費量が半端ない!!

沸騰させるのもちょっと面倒に感じてくる頃です。

そこで検討していただきたいのはウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーのお水も安心安全なのはもちろんですが、熱湯と冷水がすぐに準備することができるのです。

 

ということは…調乳もすぐに出来てしまいます!!

夜中に目をこすりながら、お水が沸騰するのを待つ必要もありません。

 

私も初めて利用した時は感動しまくりました(笑)

忙しいママにとってこれほど便利なものはないです。

お水は定期的に配送されるので、買いに行く手間暇や、お水がなくて焦る必要もありません。

メーカーによっては、お水の産地を選択することもできるのが嬉しいですよね。

 

ただ、置き場所の確保が必要なのがちょっとマイナスポイント。

ウォーターサーバーの場所プラス、ストック用の水ボトルの場所。

狭い我が家では、予想以上に邪魔でした(笑)

スポンサーリンク


 

浄水器(蛇口直結型・ポット型)が簡単!!

そして最後に、浄水器、という方法です。

浄水器は大きく分けて2つあります。

蛇口に直接取り付けて浄水させる、蛇口直結型浄水器と、ポットに水を入れて浄水させるポット型浄水器とあるんです。

 

浄水器は、水を購入することもなく経済的で、置き場所に困ることもありません。

これが一番手軽で、簡単な方法かもしれません。

なかでもポット型浄水器は優れものです!!

 

ポットに水道水を入れて冷蔵庫に入れておけば、数分後には浄水されているので、

それを調乳に使用したり、離乳食に利用したり、もちろん大人が冷えたお水が飲みたい時にだって。

最終的に我が家が採用したのは、浄水器(ポット型)でした。

 

離乳した後も、様々なシーンで活躍しています。

子供たちもこの浄水した美味しいお水が大好きです。

 

まとめ

  • 赤ちゃん用のお水を購入しよう
    新生児の調乳には、“赤ちゃんのお水”がおススメ。500mlはお出かけの時に役立ちました。消費期限に要注意です。
  • ウォーターサーバーが便利
    熱湯・冷水がすぐに利用できる点が忙しいママにとってありがたい!!ただし置き場所の確保が必要。
  • 浄水器(蛇口直結型・ポット型)が簡単
    特にポット型がおススメ。水道水をいれて数分後に使用できます。場所も取らず、経済的にも優れものです。

 

水道水も安全とされていますが、やはり不安は残りますよね。

赤ちゃんが口にするものはより安全安心なものを選んであげてください。

子供の薬、スムーズな飲ませ方ってあるの?保育士ママがズバリ解決!!

ママ必見!!赤ちゃんが離乳食を食べない時、試してほしい裏技とは?!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です