赤ちゃんの予防接種はいつから?分かりやすく忘れないスケジュールとは??

子供のとき怖くてしょうがなかった予防接種。

大人になった今「自分を守るためにしてくれてたんだなあ」と感謝でいっぱいですよね!

でも、

「予防接種っていつから受け始めるんだろう?赤ちゃんって受けてもいいの?」

と悩む方も多いですよね。

 

私も娘を持つ母親ですが、娘を出産後会いに来てくれた仲の良い先輩ママに、

「2か月から予防接種が始まるからちゃんと病院調べておきなね!」

と言われ、赤ちゃんは予防接種なんてしないだろうと思っていた私は慌てて調べました。

 

そこで同じように悩んでいるママやパパへ、赤ちゃんの予防接種はいつからなのか、赤ちゃんの予防接種を忘れないためにはどうすればいいのかをご紹介します!

 

スポンサーリンク


 

赤ちゃんの予防接種はいつから?

赤ちゃんの予防接種は生後2か月ごろからスタートします。

「まだ生後2か月なのに大丈夫なの?」と思う方も多いと思いますが、抵抗力が弱い赤ちゃんだからこそ、病気にかかると重篤化することがあります。

赤ちゃんを守るためにきちんと予防接種を受けさせてあげることが必要です。

 

市町村の1か月の検診や新生児訪問で、ワクチンについて説明があります。

その時に、近所で赤ちゃんに予防接種を受けられる病院を聞いておきましょう。

かかりつけの病院と予防接種を受ける病院は同じだと良いですよ。

1歳までは予防接種の種類や回数も多いので、事前に自分たちに合う病院を選んでおきましょう!

 

ちなみに、私が娘の病院を選んだポイントはこちらです。

  • 通いやすい

(体調が悪い時、予防接種後赤ちゃんが機嫌が悪くなった時などに、通いやすく帰りやすいことが大切です。)

  • 先生の治療方針に納得できる

(赤ちゃんは自分の思うことを伝えられないので、ママやパパが信頼できる先生に任せましょう。)

  • 予防接種の時間と診察の時間が別々になっていたり、待合場所が違う場所になっている。

(私はここが1番のポイントでした!病院でほかの病気をもらうのが怖いと思っていたのでこの配慮はとても嬉しかったです。)

 

この3つが実際に病院を選んだポイントです。

市や町の保健士さんや、知り合いの人に評判を聞くなどして自分たちに合う病院を見つけてくださいね。

 

 

予防接種を受けに行くときの持ち物は?

予防接種に行くときの持ち物はこちらです。

~必ず持っていくもの~

  • 母子手帳
  • 保険証
  • 乳児医療証
  • 診察券(かかったことがある場合)
  • 問診表(先に貰っていた場合)

~持っていくと良いもの~

  • おむつとおしりふき
  • たくさん泣くのでタオルやガーゼ
  • 気を紛らわせるために、お気に入りのおもちゃ
  • 携帯用手指消毒用アルコール
  • 次の予防接種の問診票を渡されるのでファイル

 

また、かばんは出し入れがしやすいものが良いです。

私はリュックよりも肩にかけるママバッグのほうが使いやすかったです。

赤ちゃんを抱っこしながらになるので、書類や母子手帳などはすぐに出せたほうが便利です。

付き添いの方が居ない方は、抱っこ紐を使うと良いと思います。

 

 

予防接種のスケジュールは?

予防接種には同時接種できるものがあり、同じ日に同時に打てる種類の注射をします。

赤ちゃんには大仕事なので、予防接種の後や次の日はなるべく予定を空けておきましょう。

また、予防接種には「定期」「任意」があります。

「定期」とは、厚生労働省が定めた、各市町村で無料で行う予防接種のことです。

「任意」は、希望した方が自費で受ける予防接種ですが、重要度が低いわけではなく赤ちゃんがかかると重篤化する可能性のある病気です。

 

~1歳までに受ける予防接種の種類~

「定期」

  • ヒブ 全4回
  • 小児用肺炎球菌 全4回
  • B型肝炎 全3回
  • 四種混合 全4回
  • BCG 全1回
  • 麻しん風しん 全2回(2回目は小学校入学前に追加接種)
  • 水痘 全2回(2回目は1回目を接種後3か月あける)

「任意」

  • ロタウイルス 全2~3回(2回接種のものと3回接種のものがあります。病院によって違うので確認してください。)
  • おたふくかぜ 全2回(2回目は2~4年後に受けると確実に免疫がつきます。)

 

こちらが、1歳までに受ける予防接種の種類です。

多いですよね…。

忘れないためにもしっかりとスケジュールを把握しておきましょう!

 

私が予防接種スケジュール表を見て

「分かりにくいなあ。こう書いてくれたらいいのに!」

と思った書き方で、予防接種がスタートする生後2か月から1歳までの予防接種のスケジュールをご紹介するので参考にしてください。

 

~生後2か月~

「定期」

  • ①ヒブ
  • ①小児用肺炎球菌
  • ①B型肝炎

「任意」

  • ①ロタウイルス

 

~生後3か月~

「定期」

  • ②ヒブ
  • ②小児用肺炎球菌
  • ②B型肝炎
  • ①四種混合

「任意」

  • ②ロタウイルス

 

~生後4か月~

「定期」

  • ③ヒブ
  • ③小児用肺炎球菌
  • ②四種混合

「任意」

  • ③ロタウイルス

 

~生後5か月~

「定期」

  • ③四種混合
  • BCG

(市町村によって同時接種じゃないところもあるので確認してください。)

 

~生後7か月~

「定期」

  • ③B型肝炎

 

~1歳~(同時に6本の接種も可能ですが、半分にわけることも出来ます。)

「定期」

  • ④ヒブ
  • ④小児用肺炎球菌
  • ④四種混合
  • ①麻しん風しん
  • ①水痘

「任意」

  • ①おたふくかぜ

 

こちらが1歳までの予防接種のスケジュールの例です!

 

このスケジュールは生後2か月になったその日からの計算で作っています。

予防接種の種類によっては、「受けた後〇週間はほかのワクチンが受けられない」などの約束事があります。

なるべくどんどん受けていくことをオススメしますが、大型連休など、病院にすぐに行かなければならない時に行けない時期は避けたほうが良いです。

 

スポンサーリンク


 

予防接種の時に注意することは?

予防接種は病気の菌をからだに入れて免疫を作ります。

そのため、赤ちゃんによっては体調が悪くなってしまうことがあります。

予防接種の時に注意することをまとめるので、ママやパパは赤ちゃんのために覚えておきましょう!

 

  • 予防接種は赤ちゃんの体調が良い日に受ける。

37.5℃以上の発熱があるときは予防接種は受けられません。

また、いつもの平熱よりも高い時も病院に相談してから受けましょう。

 

  • 急な副反応を起こすことがあるので、接種後30分は病院や病院にすぐに戻れる場所に居る

急に起こる副反応は赤ちゃんのからだに負担をかけることがあります。

なにか異変に気付いた時にすぐに先生にみせられる場所に居ましょう。

 

  • 接種後は激しい運動は避ける。
  • 接種後30分以降も副反応がでることがあるので注意する。

1番多い副反応が夜に熱を出すことです。

次の日に熱が下がっていれば問題ありませんが、熱がある場合は病院に連絡をして指示を仰ぎましょう。

 

  • 注射した場所はこすらない。

以上が予防接種を受ける時の注意することです。

 

私の娘は2か月で受けた初めての予防接種の時の夜に38℃の熱を出しました。

まだ生まれてから2か月しか経っていない娘の発熱にとても焦りましたが、病院の先生から事前に副反応で発熱するかもしれないと言われていたので、次の日まで様子を見たところ次の日には熱は下がっていました。

「夜中になにかあったら。。」

、と思うと不安でほぼ寝れなかったのを覚えています。

ママやパパは大変ですが、副反応があるときはこまめに赤ちゃんの様子を観察してあげて下さいね。

 

 

赤ちゃんの予防接種まとめ

 

  1. 赤ちゃんの予防接種は生後2か月からスタート!
  2. 予防接種を受ける時に必要なものを忘れずに持っていく
  3. 1歳までは予防接種の種類も受ける回数も多いので、忘れないようにスケジュールを立てておく
  4. 副反応が出ることがあるので、赤ちゃんの様子をこまめに観察する

 

これが、赤ちゃんの予防接種はいつからなのか、赤ちゃんの予防接種を忘れないためにはどうすればいいのかでした。

 

赤ちゃんはまだからだの機能が整っていないから予防接種をしないではなく、

赤ちゃんだからこそ病気が重篤化しないためにも予防接種が必要なんです。

 

赤ちゃんのためにも、しっかりとスケジュールを組んでどんどん予防接種を進めていきましょう。

 

ちなみに、BCGは接種後に肩の液体が渇くまで赤ちゃんが触らないようにしなければなりません。

誰かに付き添ってもらうのがオススメです!

 

子育てがしんどい・・・ 私はこれで乗り越えた!5つの方法

ママ必見!!赤ちゃんが離乳食を食べない時、試してほしい裏技とは?!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です