赤ちゃんに虫刺され対策は必要?私が本当にオススメする虫除け5選!!

あれ、気付くと虫刺されが…!なんてことありますよね。

暖かい季節の天敵、それは蚊です。

赤ちゃんも実は蚊に狙われているんですよ。

 

私も娘をもつ母親ですが、「赤ちゃんの肌は弱いし、赤ちゃんはいい匂いだし、蚊にはさされないよね~」と、対策していなかったんです。

そんな娘の足には虫刺されがあり、すごく後悔したことがあります…。

 

なのでここでは私のように後悔しないように、赤ちゃんがいるママやパパが知りたい、赤ちゃんの虫刺され対策の必要性と、使える虫除けについてご紹介します!

 

スポンサーリンク


 

赤ちゃんに虫刺され対策は必要?

赤ちゃんはケガの治りも早いし、虫刺されも大丈夫!なんて思っていませんか?

 

実は…全然大丈夫ではないんです。

 

赤ちゃんは肌のバリア機能がまだ不十分なため、虫に刺されると大きく腫れてしまうことがあります。

また、かゆみによって赤ちゃんの機嫌が悪くなったり、夜泣きがひどくなることもあります。

 

蚊は、体温が高く汗をたくさんかく人を狙います。

そうなんです。赤ちゃんは、平熱も高く代謝が良いので汗もかきやすいので、蚊のターゲットになりやすいんです。

 

狙われやすく、刺されると重症化しやすい赤ちゃんだからこそ、虫刺され対策はとってあげる必要があります。

 

 

私の娘は生後半年のお散歩によく連れていけるころが、暖かいシーズンでした。

あの時の私は赤ちゃんの肌は敏感なので逆に虫よけ対策は肌に悪いと勝手に思い込んでいたんですよね。。

ある日、お散歩から帰ってくると足に大きく腫れた虫刺されの跡がありました。

びっくりしてすぐにかかりつけの病院へ連れて行ったところ、

「こんなに蚊が飛んでる中お散歩するのに、虫刺され対策をしないなんてかわいそうです。赤ちゃん用品店やドラッグストアに赤ちゃんにも使える虫除けがあるので試してみてください。」

と言われてしまいました…。

そうなんです。赤ちゃんの肌は敏感なので、きちんと赤ちゃんが使える虫除けがあるんです!

皆さんは私のように思い込まず、赤ちゃんに虫刺され対策をして、守ってあげて下さいね!!

 

 

お出かけの時の虫除けはどんなものが良い?

赤ちゃんにも使えるお出かけの時の虫除けは、いくつか選ぶポイントがあります。

ディートフリーを選ぶ

ディートとは、害虫が寄ってこないようにする最も一般的な化合物です。

ディートは、

「生後半年未満の赤ちゃんへは使用しないこと」

「生後半年以上2歳未満の子供には使っても1日1回まで」

と使用を控えるように注意されています。

大人が使う良く効くといわれる虫除けにはディートが入っていることも多いので注意してくださいね。

 

ハーブやアロマなどで出来たものを選ぶ

蚊はハーブやアロマのにおいが嫌いなので寄ってきません。

そして、ハーブやアロマは天然成分なので肌に優しく、赤ちゃんにも安心して使うことが出来ます。

 

アルコールフリーを選ぶ

赤ちゃんの敏感な肌には刺激が強いアルコールが入っていないものもあるので、なるべくはアルコールフリーを選びましょう。

 

シールタイプ、リングタイプ、スプレータイプなど使う場面で選ぶ

洋服、抱っこ紐、ベビーカーに張り付けて虫を寄せ付けないシールタイプや、手や足首などに付けておくリングタイプ、肌に直接スプレーするタイプがあります。

出かける場所や、赤ちゃんの肌の状態に合わせて選びましょう。

 

これがお出かけの時の虫除けを選ぶポイントです。

外は家のなかよりも確実に蚊は多いですが、赤ちゃんの成長のためにも外には連れて行ってあげたいですよね。

赤ちゃんにぴったりの虫除けでしっかり対策をとって、お出かけするようにしましょう!

 

 

お出かけの時のオススメの虫除けはこの2つ!

1度娘の足に蚊に刺されで大きな腫れを作ってしまった私は、

「もう娘が蚊に刺されないようにする!」

と、たくさんの虫除けを試してきました。

その中でも本当にオススメの虫除けを2つご紹介します!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虫くるりん シールタイプ 60枚入り
価格:852円(税込、送料別) (2018/4/30時点)

 

抱っこ紐に貼ったり、娘の洋服(ハーブの香りがするので腰らへん)に貼って使用していました。

たくさん入っているので、気にせず何か所も貼れます。

また、赤ちゃんの肌に直接虫除けが当たるのが嫌な方にもオススメです。

シールに可愛い動物のイラストも描いてあるので、シールを見つけたときに娘が反応するのも可愛いです!

 

 

 

こちらは虫除けと日焼け止めの両方が1つで出来る優れものです!

蚊が多い季節は日差しも強いので、こちらを使っていました!100%天然成分で赤ちゃんにも安心です。

顔に塗る際は、ママやパパの手に出してから、赤ちゃんの顔にトントンと塗ってあげて下さいね。

 

私はこの2つをその時々で使い分けたり、場所によって足したりしていますが、どちらかを単体で使っているときも娘は蚊に刺されていません!

基本はシールタイプを貼って出かけて外に居る時間が長くなりそうだなって時にアロベビーのミストを付け足したり、最初から日焼け止め効果を求めてアロベビーを使ったりと様々ですが、とても使い勝手がいいです!オススメです。

 

家の中で赤ちゃんがいても使える虫除け3つ!

外に蚊は多いといっても、少しドアを開けたり、お出かけから帰ってくる時に一緒に家の中に入ってしまうこともあります。

赤ちゃんのうちは家にいる時間がとても長いので、家の中でも虫刺され対策をとりましょう。家の中で赤ちゃんがいても使える虫除けを3つご紹介します!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【取寄品】大日本除虫菊 蚊がいなくなるスプレー 200日 無香料
価格:1153円(税込、送料別) (2018/4/30時点)

 

赤ちゃんが吸い込まないように、赤ちゃんが部屋にいない時に使用するのをオススメします。持続時間が長いので、いない時に使用しても効果抜群です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アース製薬 アースノーマット 60日セット コードレス
価格:939円(税込、送料別) (2018/4/30時点)

 

動けるようになった赤ちゃんがいるお家にオススメなのがこちらです。

コードレスで、高いところに置けば赤ちゃんは触れないですし、刺激が少ないものなので赤ちゃんがいても使えます。

ただ、使用の注意に時々の喚起をすることが書いてあるので、喚起をしてくださいね。

 

 

玄関に掛けておくことで、蚊の侵入を防ぎます。同じメーカーのもので、ベランダ用や、網戸用なども発売されているので、根本的に侵入させない対策としてオススメです。

 

この3つが家の中で使える虫除けです。

私は心配性なので娘がいる部屋では全て併用しています!

きちんと対策をとってからは娘は蚊に刺されていません。

ちなみに、対策をしていない主人の部屋では、主人は蚊に刺されてしまっていました。。

慌てて虫除けを置いたところ、蚊に刺される回数は激減したそうです。

実感できるぐらいの効果がありますよ!

ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

赤ちゃんの虫刺され対策まとめ

  1. 赤ちゃんは蚊に狙われやすく、刺されると重症化することもあるので、虫刺され対策は必要
  2. 赤ちゃんの虫除けは赤ちゃんにも使える優しい成分のものを選ぶ
  3. シールタイプとミストタイプを場所や場面によって使い分けるのがオススメ
  4. 赤ちゃんは家にいる時間が長いので家の中も対策は必要。赤ちゃんのために効果のある虫除けを選ぶ

 

これが、赤ちゃんの虫刺され対策の必要性と使える虫除けについてでした。

 

赤ちゃんは大人よりも蚊に狙われやすいですが、自分で対策をとることが出来ません。

なので、ママやパパは赤ちゃんのためにしっかりと対策をとってあげて下さいね。

しっかりと対策をとることで、蚊の事は気にせず家の中でも外でも思いっきり赤ちゃんと遊ぶことが出来ますよ!

 

ちなみに、赤ちゃんに使う虫除けを一緒に使うことで、効果はさらに上がり刺されにくくます。ママやパパも一緒に虫刺され対策をしてくださいね!

 

子供は熱中症になりやすい??子供を守る正しい対策と対処法とは??

赤ちゃんに必要な日焼け止め3選!赤ちゃんの紫外線対策不足はヤバい!?

「赤ちゃんとの外出は持ち物が多くて嫌!」コンパクトにまとめるには?!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です