赤ちゃんに必要な日焼け止め3選!赤ちゃんの紫外線対策不足はヤバい!?

暖かい日は赤ちゃんをお散歩に連れて行ってあげたくなりますよね!

ですが暖かいと、気になるのは紫外線…。

「大人でも必要な紫外線予防は、赤ちゃんには必要ないの?」

と疑問に思いますよね。

 

私も娘をもつ母親ですが、しっかり日焼け止めを塗って紫外線予防をした自分と、帽子を被っただけの娘の差に疑問を感じていました。

むしろ大事な子どもだからこそ、この子のほうがしっかり予防が必要なんじゃないか…と。

 

そこで、赤ちゃんにとって日焼け止めは必要なのか、どんな日焼け止めがいいのかを紹介します!

 

スポンサーリンク


 

日焼け止めは必要?

 

赤ちゃんとのお散歩は大切なコミュニケーションの1つですよね。

お散歩をすることで、赤ちゃんの成長にはとても良い刺激があると言われています。

ですが、赤ちゃんを連れて外に行くには、春夏秋冬いつでも日差しが気になりますよね?

 

私は紫外線チェックができるキーホルダーをカバンに付けていますが、日中「暖かいな」と感じる時間はキーホルダーの紫外線反応が大抵MAX値を示しています。

こんな中赤ちゃんを連れて行くなんて…と思い、必ず帽子を着用させていましたが、それだけでは日焼けさせてしまった気が…。

 

実は赤ちゃんは肌がとっても敏感なんです。

赤ちゃんのうちは肌のバリア機能はまだ不十分で、浴びた紫外線のダメージは免疫力を低下させます。

また、紫外線を蓄積していくことで将来シワやシミを作る原因にもなります

肌が敏感な赤ちゃんだからこそ、日焼け止めを塗って紫外線対策をしてあげることは必要なことなんです!

 

 

日焼け止めはいつから使えるの?

赤ちゃんには日焼け止めは必要…とは言っても、

「じゃあいつから使えるの?」

「どのくらい塗っていいの?」

など、そのほかの疑問が浮かんできますよね。

 

生後1か月になるまでは極力外出をしない方がほとんどだと思います。

生後1か月を過ぎた後もしばらくは、長い時間外に赤ちゃんは連れて行かないので、赤ちゃんの日焼け止めはお散歩する時間も長くなってきた生後半年を過ぎて使うのが良いでしょう。

 

生後半年と言えるのには私の失敗談があるんですが。。。

娘は冬生まれで、生後1か月を過ぎても暖かくなるまではあまり外出しませんでした。

暖かくなってお散歩の時間も少し長くなった生後半年を過ぎたときは、娘はまだまだ抱っこちゃんだったのでお散歩は抱っこひもを使ってしてたので帽子に頼り切りました。

なので実際に日焼け止めを使ったのは歩けるようになってからの生後1歳1か月を過ぎた頃でした。

ですがその頃には娘は心なしか日焼けをしてしまっていたので、使い始めるタイミングとしては少し遅れてしまったようです。

日焼けしてしまった娘を見ると「生後半年くらいには帽子を被せていたとはいえ塗っておくべきだったなあ…」と後悔しました。

なので、生後半年を迎えるころにはとりあえず1つ、日焼け止めを用意しておくことをおすすめします。

 

スポンサーリンク


 

日焼け止めを選ぶポイント

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶポイントですが、赤ちゃんには赤ちゃん用の日焼け止めが存在します。

なので赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶことがポイントです。

 

赤ちゃん用とは、大人用と何が違うのか…それは、SPFやPA値が弱く、肌への刺激が少なく優しい成分で出来ているところです。

「SPF1は20分の日焼け止め効果がある」といわれているので、赤ちゃん用はSPF20~30くらいが適切な値です。

 

私が今まで試したものも、一番SPFの値が高いものでもSPF33でした。

SPFは高いほど肌の負担は大きく、落とすのも大変になります。

基本的に外に出るのは子どもと一緒なので、私は娘のものを一緒に使っていました。

大人用を使った時よりも肌が苦しい感じはしなかったですし、何より娘がほっぺたをぴと、とくっつける遊びが好きなので娘のものを一緒に使うほうが安心出来ました。

 

 

オススメの日焼け止め3選!

実際にわたしが使ってみてオススメな日焼け止めを3つ紹介します!

それぞれに良いところがあるので、ぜひ参考にしてみてください!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マミー UVマイルドジェルN 100g
価格:670円(税込、送料別) (2018/4/20時点)

 

くまさんの形をしたポンプの日焼け止めは娘もお気に入りで「くまさん塗ってお外行こうか?」というと、嫌がることなくご機嫌で塗らせてくれました!赤ちゃん用品店だけでなく、ドラッグストアなどにも売ってるので、購入しやすいところもオススメです。

 

可愛いだけでなく、90%が食品成分で出来ていてお肌にとても優しく、SPF33としっかり紫外線も予防してくれるところもお気に入りです。

 

 

なんとこの商品は紫外線予防と虫よけ対策をこなす、1つで2役の優れものなんです!

顔に塗るときは一度手に出してから塗ってあげますが、私はお洋服や足元にシュッとすることが多いです。ミストタイプなので持ち歩いて、気になるときにシュッと出来るのでかなり便利です。

 

農薬成分は不使用で、天然のアロマ成分で出来ているので赤ちゃんにも安心して使っています。

 

 

商品名にクリームとありますが、ウォーターベースなので、白残りせずよく伸びます。

また何といっても保湿力がめちゃめちゃ高いんです。

私は湿疹が気になるときはこの日焼け止めを娘に塗っていました。

紫外線予防をしながら、保湿も出来るのでオススメです。

 

この3つを見ていただいて分かるように、私はその時々で日焼け止めを使い分けて使っていました。

 赤ちゃんの肌にはマイナートラブルがつきものなので、何種類か使いやすいものを持っておくのをオススメします! 

 

赤ちゃんの日焼け止めを落とす方法は?

 大人用の日焼け止めは落とすときに化粧落としを使ったり、専用のリムーバーなどが必要な時がありますよね。

「ここまで赤ちゃんのために肌に気を付けてきたのにそんなの使いたくない!どうしよう…?」

と思う方もいらっしゃると思いますが、安心してください。

 

赤ちゃん用石鹸やお湯で落ちるということは、それだけ赤ちゃん用の日焼け止めは肌に優しく出来ているんです。

落とし方も特別なことはないので、日焼け止めを使うのも安心ですよね。

私は娘に泡タイプの赤ちゃん用石鹸を使っていますが、お風呂の後でべたべたが残ったり、においが残ったり、次の日に肌が荒れていたことはありません。

 

 

ただ、日焼け止めを使った日はいつもよりもすすぎ残しがないように気を付けて、しっかりと保湿するように心がけています。

 

これは、大人用の日焼け止めを自分で使っていた時に気を付けていることなんですが、私にも娘にも肌荒れは出ないので効果的ですよ。

 

赤ちゃん用の日焼け止めは普段使っている赤ちゃん用石鹸で落とすことが出来ます。

また、商品によってはお湯で落とすことが出来るものもあります。

 

 きれいに落とした後に、しっかりすすぎ、しっかり保湿を!ぜひやってみてくださいね。  

 

まとめ

 

 

  1. 赤ちゃんの肌は敏感だからこそ、紫外線防止のために日焼け止めは必要
  2. 日焼け止めはお散歩の時間が長くなった生後半年くらいから使うのがオススメ
  3. 日焼け止めを選ぶときは、優しい赤ちゃん用を選ぶのがポイント
  4. 使う場所や赤ちゃんの肌に合わせて使いやすい日焼け止めを選ぶ。※何種類かをその時々で使い分けるのがオススメ
  5. 優しい赤ちゃん用日焼け止めは、赤ちゃん用石鹸で落とせる

 

これが赤ちゃんに日焼け止めを使うのに必要なことでした。

 

これで可愛い赤ちゃんの肌を紫外線から守ってあげられますよ!お散歩もたくさん楽しめますね!

 

ちなみに、日焼け止めと一緒にサングラスをかけると予防効果もさらに上がります。小さいサングラスをかけた赤ちゃんはめちゃめちゃ可愛いので試してみてくださいね。

「赤ちゃんとの外出は持ち物が多くて嫌!」コンパクトにまとめるには?!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です