赤ちゃんの抱っこ紐。買う前に必読!!抱っこ紐の正しい選び方とは??

妊婦さんになったら、色々と新生児を迎える準備がはじまります。

洋服や、寝具、おむつやおしりふき、などなど。

その中で、皆さん“抱っこ紐”の購入も検討しているのではないでしょうか。

 

なかには、「私ベビーカー派。抱っこ紐は使わないわ。」って方もいらっしゃるかと思います。

私もその一人でしたが、

2児のママになった今はなんと3つの抱っこ紐を所持しています。

 

抱っこ紐は子育てでの必須アイテムだと言えます!!

 

最初の購入時は、自分好みのデザインってだけで購入を決めてしまい、

その後使ってみましたが、機能性や実用性が低く、結局買いなおした苦い経験があります。

 

そんな経験を元に、

抱っこ紐を検討しているママさんへ、抱っこ紐の種類と、正しい選び方をお教えします。

 

スポンサーリンク


 

抱っこ紐の種類とメリットデメリットとは

抱っこ紐は大きく分けて3種類あります。

1つは新生児から使えるスリングタイプ

2つめは付属品なしで新生児から使える抱っこ紐

3つめは首座り~幼児が使える抱っこ紐

 

 

スリングタイプは、ハンモックのような形で赤ちゃんを抱っこします。

 赤ちゃんとの密着度が高く、収納性にも優れています。

 肩に集中的に負荷がかかります。片手は赤ちゃんに添えるので、両手は空きません。

 

新生児から使える抱っこ紐は、付属品などを付けずに、そのまま新生児から幼児まで長く使えるものです。

 抱っこ紐1つで済むので、煩わしさがありません。

 重厚感があり、収納性に欠けることも。

 

首座りから幼児まで使える抱っこ紐は、新生児用にインサートを別に購入、装着します。

 新生児の柔らかい身体の時期に、安心して抱っこすることができます。インサートを外すと、軽く薄い素材のものが多いので、幼児の時期は使いやすくなります。

 別購入、装着の煩わしさがあります。インサート内は蒸れやすくなるので体温調節が難しいです。

 

この中から、いつから使うのかなど、ご自身の生活シーンに照らし合わせてみてください。

 

スポンサーリンク


 

体型に合ったものを選びましょう

そして抱っこ紐選びで一番重要なのは自分の体型にあっているかどうかです。

 

例えば、外国メーカーのものは、やや大きめにつくられています。

ですので小柄なママや、小柄な赤ちゃんには向かない可能性があります。

 

逆を言えば、

日本メーカーの抱っこ紐は、日本人サイズでつくられているので身長が標準より大きいママや、大きめに生まれた赤ちゃんには窮屈に感じるかもしれません。(外国メーカーでも日本人向けのサイズの抱っこ紐もあります。)

 

抱っこ紐を使用する際、約4kg~約12kgの負荷が肩と腰にかかってきます。

抱っこ紐によって、全然負荷のかかり方がちがってくるので、必ず実物を試着することをおススメします。

 

ちなみに私は試着などせず、ネットでレビューを参考にして購入してしまいました。

結果として抱っこ紐が私の体型と全然合わず、ひどい肩こりと腰痛に悩まされました。

 

抱っこ紐の選び方:その他

その他の抱っこ紐の選ぶ際に参考にして頂きたいチェックポイントがいくつかあります。

 

落下防止の肩ベルトや腰ベルトがついているか

肩ベルトや腰ベルトが付いていると、ママが前かがみになった時やおんぶをする時、赤ちゃんが落ちてしまうのを防止できます。

 

赤ちゃんを抱っこする時や、降ろす時が簡単かどうか

忙しいママにとって、サッと装着できる抱っこ紐のほうがおススメです。

あと、赤ちゃんが抱っこ紐で寝てしまった場合、起こさずに降ろすことができる抱っこ紐であるかどうかも見てください。

一度抱き上げないと降ろすことができない抱っこ紐もあります。

 

素材はどんなものなのか

赤ちゃんの肌が触れるものなので、抱っこ紐の素材も重要です。

  • 肌に優しい素材であるかどうか
  • 通気性はどうか
  • 洗濯可能であるかどうか
  • すぐ乾くものであるかどうか

実際に触って確かめてみてください。

 

収納性はどうか

抱っこ紐はお出かけの際ほぼ持ち歩くことになります。

ただでさえママは荷物が多くなってしまうので、抱っこ紐は収納性が高いものを選んだ方がいいでしょう。

 

 

まとめ

抱っこ紐の種類とメリットデメリットとは

大まかに分けて3種類あり、それぞれメリットデメリットがあります。

その中からご自身の生活シーンにあった抱っこ紐を選んでください。

 

体型に合ったものを選びましょう

体型に合っていない抱っこ紐だと、肩こり腰痛を引き起こしてしまいます。

必ず試着をしてから購入することをおススメします。

 

その他

肩ベルトや腰ベルトの有無、乗せ降ろしが簡単であるか、素材や収納性など。

抱っこ紐を購入する際のチェックポイントに加えてください。

 

 

今現在、数多くの抱っこ紐が開発、販売されています。

私のようにネットのレビューなどに惑わされず(笑)

ご自身で実際に見て触って、試着してから購入してください。

 

素敵な抱っこ紐が見つかるといいですね。

「赤ちゃんとの外出は持ち物が多くて嫌!」コンパクトにまとめるには?!

赤ちゃんのドライブデビュー。家族で楽しむための事前準備とは?!

子育てが大変でもう限界!?少しでも改善するための3つの方法とは!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です