冬の赤ちゃん、ベビーカー外出時の服装3パターン比較‼

出産後の赤ちゃんとのお出掛け。

ママの育児の気分転換に、赤ちゃんの外気浴に、またちょっと買い物に出掛ける為にも外出は必要ですよね。

今の寒い時期、迷うのが赤ちゃんの服装です!!

風邪を引かせてしまっては大変!!

一人歩き前の赤ちゃんは必然的にベビーカー、もしくは抱っこ紐での移動となりますが、私は特にベビーカーで外出する時の赤ちゃんの服装に悩みました!

厚着すぎて汗をかき風邪を引かないだろうか。

とは言っても座ってるだけだし、薄着すぎると寒すぎやしないか。

厚着は苦しくて具合が悪くならないだろうか・・・

堂々巡りの日々でした・・・

そこで私が実際に試した3つの方法をご紹介致します!!

 

スポンサーリンク


 

通常の服装にジャンプスーツと帽子

室内で過ごす時と同じ服装+その上からジャンプスーツを着せます。

ジャンプスーツにフードが付いていたら被せて、フードが付いていなければ別で帽子を被せます。

雪国で無ければ、近所のスーパー等室内に入る予定の際や、10分〜20分程度のお散歩であれば普通の服装+ジャンプスーツで問題ありません。

 

ただ、もっと長時間外を歩き続ける場合や風が強い日は少し寒く感じるでしょう。

また万が一オムツ替えが発生した際、着脱が少し面倒臭いです!!

ジャンプスーツの場合は足先まですっぽり入るので、靴下が無くても大丈夫ですよ。

ズボラな私は靴下を履かせるのが面倒臭かったのでこれは助かりました!!

 

 

通常の服装にベストとダウンジャケット、フットマフ追加

私はこの方法が一番多かったです。

なぜなら、着脱が簡単!!

子供は暑がりです。

スーパー等の室内に入って寝てしまうと、すぐに汗がびっしょり。

また電車に乗ると暑がって機嫌が悪くなる・・なんて事も多いです。

 

フットマフは布団の様に密閉度も高くかなり暖かいので、室内、電車内ではフットマフを外し、ダウンジャケットのジップを胸あたりまで下ろして換気させていました。

 

フットマフは様々な種類の商品が販売されていますが、抱っこ紐にも付属できるタイプがかなり重宝します。

抱っこした際、ママのアウターのボタンやジップは閉められない事が多いので、体の前面がかなり暖かいです。

 

スポンサーリンク


 

通常の服装にダウンジャケットとフットマフ、レインカバー追加

レインカバーはその名の通り雨や雪が降っている日に使用するものですが、私は風が強い日にもよく使用していました。

ベビーカーの屋根の部分を閉めると、外が見えないのが不満なのか、嫌がって開けようと暴れる事が多かったのです。

レインカバーにすれば前も見えるし強風も遮る事ができるので、娘も喜んで座っていました。

 

また密閉度が高いのでかなり暖かいですし、インフルエンザ等の感染症が流行する時期ですと、ショッピングセンターやスーパーに行く際は感染症対策にもなりますよ!!

 

 

まとめると、ベビーカーでの外出時の赤ちゃんの服装は

  1. 通常の服装にジャンプスーツと帽子を着用
  2. 通常の服装にベストとダウンジャケットを着用、ベビーカーに乗せてフットマフを装着
  3. 通常の服装にダウンジャケットを着用、フットマフを装着し最後にレインカバーを取り付ける

上記3パターンが私のお出かけ時の対策です。

娘が産まれ2ヶ月が経過した頃は、徒歩5分程度のスーパーや散歩でもドキドキし、準備に30分以上かける日もありました。

11月生まれという事もあり季節は冬真っ只中。

風邪を引いたらどうしよう!!

とドラえもん並みに厚着させた事もありました。

お出かけの場所によって、赤ちゃんが快適な服装を色々と試してみてくださいね。

新しい場所にお出かけする事でママの自信にも繋がり、赤ちゃんとの思い出も増えていきます。

ママと赤ちゃんにとって楽しい生活を送れますように!!

【爆笑確実?!】笑わない赤ちゃんを笑わせる方法!

無理は禁物!子育てがきついと感じたときに行う3つの行動

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です