赤ちゃんが歯磨きを嫌がる⁉︎克服するためにやった5つのこと

毎晩起こる我が家の赤ちゃんの歯磨き問題!嫌ですよね。

夜なのに子供に吐くほどギャン泣きをされたり、手を噛まれたりと、私の様な経験をされた方も多いはず。

 

そんな乳幼児を抱えた我が家が赤ちゃんを虫歯に刺せない為に我が家で試した方法を紹介します。

 

スポンサーリンク


 

まずはぬいぐるみに歯ブラシをもたせて

まず試してみたのがうさぎのパペットに歯ブラシを持たせて子供の歯磨きをするということ。

 

お腹にいる時に赤ちゃんは何かを口に入れる習慣がないので、口に物を入れることに少しずつ慣れさせていく事が必要です。

磨けている事よりも遊びながら歯磨きを習慣化させる事が大事なので、私はパペットで遊んでいる感じを出してみました。

 

幼稚園入園後には歯科検診がある園が多いです。

友人の話では、入園後検診で虫歯が見つかったお子様が歯医者さんへ治療をしに行った際、「お子様が治療中に暴れるので治療が出来ません。」と治療を断られたそうです。

 

そうならない為にも、遊びを取り入れながら、子供の歯磨きを習慣化させてあげたいですよね。

もし子供が男の子だったら、レンジャー系のおもちゃに歯ブラシを持たせて「バイキン逃がさないぞ〜」なんて戦いごっこをしながら歯ブラシをしてみるのも良いですね。

電車好きのお子様なら、歯を線路に見立てて「ガタンガタン〜」と電車ごっこをしながら歯磨きをしても良いかもしれません。

とにかく、遊びながら子供の歯磨きを習慣化させることが大事ですよ。

 

我が子は長く歯を磨かせてくれなかったものの、この方法で歯ブラシから逃げ走る事はしなくなりました。

 

 

歯磨き粉や歯ブラシを多数揃えてみる

まだまだ長く歯磨きをする事が出来ず、そろそろパペットと一緒に歯を磨く事にも慣れてきてしまった我が子は、世の中には子供用歯磨き粉や歯ブラシには沢山の種類があるという事を認識し始めました。

 

そこで、我が家では歯磨き粉を違う種類で3〜4本、歯ブラシを2本用意してみました。

「今日はどの味の歯磨き粉になさいますか〜?」

などと、子供にその日に使う歯磨き粉と歯ブラシを選ばせると、そこまではノリノリ。

お買い物ごっこでもしている気分になるのでしょう。

結局出番が一番多かったのはぶどう味のジェル状で泡立たない歯磨き粉でした。

こうやって、たくさんの種類の歯ブラシや歯磨き粉を使うことによって、子供がどんな種類の歯ブラシや歯磨き粉を好むかがわかることもメリットですね。

 

歯ブラシはというと、子供が自分で磨かないのに一本を手に持って自分で磨いている気分。

もう一本は親が磨くのに使いました。

鼻をつまんでも、どうしても口が開かない日は一本の歯ブラシをくわえさせ、空いた隙間から磨くのにも歯ブラシ二本作戦は功を奏しました。

 

スポンサーリンク


 

それでも歯磨きを完了できない子に

そろそろ子どもも

「お母さん、何だか最近歯磨きの事ばかり気にしているな」

と逆に歯磨きをしない事に意固地になってしまったりしますよね。

我が家の場合だけでしょうか?

 

そこで、歯磨き後にキシリトールタブレットをご褒美として上げてみる事にしました。

友人から話を聞いた時は「歯磨き後に甘い物なんて!」と思いましたが、これは効果覿面。

キシリトールだし、今のところ虫歯も無いですし、やっぱり子供はお菓子に弱いですよね。

 

あとは、手鏡を子供に持たせて磨いている口の中を見せたり、親の歯を子供に磨かせてどう歯みがきをするのかを学ばせたり、「歯磨きの歌」の動画を歯磨き中に見せたり、

歯磨き問題に私が疲れてきた頃には、旦那に強気で子供の歯磨きを一週間ほど頼み、母の歯磨きがどれだけ優しいかを子供に認識させたりもしました。

 

 

人によっては、海苔、青海苔など歯に残りやすい食べ物を子供にわざと食べさせた後にすぐうがいをさせ、

「こんなにバイキンがいるよ!」

と歯の付着汚れを子供に認識させたり、

兄弟などの嫌々の歯科治療を間近で見学させ、

「歯を磨かないとこんな怖いところに連れて行かれるんだよ」

と実感させることも効果的ですね。

 

 

歯磨き嫌い克服までのまとめ

 

  1. まずは人形を使って遊びながら歯ブラシを口に入れさせる
  2. 次に歯ブラシと歯磨き粉を数種類用意し、歯磨きを楽しいものにさせる
  3. 歯磨き後のご褒美を用意する
  4. あの手この手で歯を磨く事とは、を学ばせる。
  5. それでも無理なら歯磨きをしないと怖いと実感させる。

 

こんな感じです。

 

最近の子供は以前より砂糖の摂取量が減り、子供の虫歯は減少傾向にあります。

だから私が実践したゆる〜い歯磨き嫌い克服作戦程度で大丈夫です。

 

だって子供が親の言う事を理解するのは3歳からですし、大人で歯磨きのトラウマを抱えている方っていらっしゃいませんよね?

お互い、我が子を歯医者さんへのトラウマを抱える大人にせず、歯磨きを習慣化させてあげたいものですね♩

赤ちゃんの歯磨きのやり方は?歯科助手が教えるお悩み解決策とは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です