笑わない赤ちゃんを笑わせる方法!【爆笑確実?!】

テレビ番組やコマーシャル、SNSなどで見かける赤ちゃんはいつもニコニコしていて、笑うのが当たり前、というイメージが強いママも多いのではないでしょうか。

育児本などに書かれている「笑顔がみられる時期」になっても笑ってくれなかったり、一生懸命に笑わせようとしても笑ってくれなかったり・・・心配になってしまいますよね。

私も我が子の笑い声が聞きたくて毎日意地になっていました。今回は新生児の笑顔を引き出すコツをご紹介します。

今日から実践してニコニコ赤ちゃんに癒されましょう!

 

スポンサーリンク


 

いつ頃から笑うの?

生まれたばかりの新生児期にみられる「新生児微笑(生理的微笑)」は、本能的な行動と考えられています。

これはママやパパをはじめとする周囲の人からの関心を、笑うことで得ようと無意識に行っているのです。

 

この時期の赤ちゃんは意志をもって笑ったりすることはありません。

その代わり泣く・寝る・おっぱいを飲むなど、本能的な行動だけをします。

しかも、この時の視力は未発達の状態なのでママやパパが笑っていても、あまり見えていません。

 

しかし、生後2か月を過ぎた頃から新生児微笑は見られなくなり、今度は「社会的微笑」を見せるようになります。

この「社会的微笑」は新生児頃にみられていた本能的な笑顔とは違い、赤ちゃんが自分で意識をして見せるようになります。この笑顔には感情はありませんが、ママやパパなど親しい人には笑顔を見せてくれるようになります。

 

赤ちゃんが声を出して笑ってくれるようになるのは、平均で生後5~6ヵ月頃です。

この頃になれば視力も発達するので、ママ、パパの認識もでき、微笑んだり、あやすと面白くてケラケラ笑うことも増えてきます。

 

 

赤ちゃんを笑わせる方法1:ママも笑顔で接する

少しずつ視力が発達してくるとママやパパの表情が分かり、赤ちゃんは必死に真似をしようとします。

ママとパパの顔を見て真似をすることで、筋肉の動かし方などを学んでいるのです。

 

赤ちゃんはまだしゃべることが出来ず、意志を伝えることは出来ませんが、人の表情を読み取ることには長けています。

 

赤ちゃんに笑ってほしいと思うのであれば、常にママが笑顔で接してあげましょう。

 

 

赤ちゃんを笑わせる方法2:赤ちゃんの身体を使って音を出す

小学生のときに、自分の二の腕や腕に口を当てて「ぶー」と音を立てたことはないでしょうか。

それをおむつ替えの時、お着換えの時にしてあげるとケラケラ笑ってくれます。

 

私の場合、いつも映画「ジョーズ」のテーマ曲の口真似をしながら、最後に「きゃー」と叫んでから「ぶー」っとして遊んでいます。

6ヵ月の息子も、毎日されていて結果が分かっているのか、「ぶー」っとする前からキャッキャッと笑ってくれます。

 

「ぶー」だけでなくても、身体に口をつけて「ハムハム」と食べるふりをすると、くすぐったいのか身体をねじらせて笑ってくれますよ。

 

ただ口紅をつけたまま行ってしまうと、口紅の成分で赤ちゃんの肌が荒れたり、せっかくきれいに塗ったお化粧が崩れてしまうので、リラックスモードの時にしてあげてくださいね。

 

スポンサーリンク


 

赤ちゃんを笑わせる方法3:変な声・音を出す

変な声や音を出すとはじめは認識できなくて「?」な表情でも、連続して変な音が出ると面白くて笑顔になってくれます。

 

息子の場合ですが、ご飯の支度や掃除など、家事をしているときに目があったら、「ギャ」と声を出すと必ずと言っていいほど笑ってくれます。

これは、なかなか声に出して笑ってくれなかった息子が初めて爆笑してくれた方法です。

 

まだ笑ったことがない、笑う頻度が低い赤ちゃんには、顔を近づけながら変な声を出すところから始めるといいでしょう。

 

 

赤ちゃんを笑わせる方法4:ベビーヨガ

ベビーヨガはリラックス効果が得られたり、や赤ちゃんの身体機能が発達したり、ママと赤ちゃんのスキンシップにもなることを知っているママは多いでしょう。

ベビーヨガには赤ちゃんが笑ってくれるポーズがたくさんあります。

 

ベビーヨガの良いところは、必要な道具がないだけでなく、赤ちゃんがグズグズしているときに実践するとケロっと機嫌が良くなる点です。

運動も赤ちゃんとのスキンシップもとれ、そして赤ちゃんの笑顔も見ることができる!

これは一石三鳥ですよね。

 

ベビーヨガにはたくさんのポーズがあるので、ご自身と赤ちゃんの体調に合わせ、赤ちゃんが喜ぶポーズを見つけてみましょう。我が子のお気に入りは「ローリングバック」です。

どれがいいのか分からない、とりあえずやってみたい!というママは、こちらの動画を参考にしてみてください。

 

 

赤ちゃんを笑わせる方法まとめ

赤ちゃんの笑顔は嫌な出来事や疲れた心身を癒してくれる魔法のようなものですよね。笑顔を見せてくれるのには個人差はありますが、

  • 常にママが笑顔で接してあげる
  • 赤ちゃんの身体を使って「ぶー」っと音を出す
  • 変な声を出す
  • ベビーヨガをする

 

をすると笑ってくれるはずです。

最初は不思議そうな眼差しをするかもしれませんが、同じことを繰り返しすることで、赤ちゃんも笑うコツを掴めて次第に爆笑してくれることでしょう。

まだ笑顔を見せてくれなくても大丈夫です!焦らず赤ちゃんのペースに合わせて気長に待ってあげましょう!

 

赤ちゃんが話すのっていつから??発達過程と親の関わり方の重要性とは?

赤ちゃんの歯磨きのやり方は?歯科助手が教えるお悩み解決策とは?

ママ必見!!赤ちゃんが離乳食を食べない時、試してほしい裏技とは?!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です