赤ちゃんの歯磨きのやり方は?歯科助手が教えるお悩み解決策とは?

赤ちゃんの口元がモゴモゴしていたり、やけに機嫌が悪かったり。

もしかしたら歯が生えてきたサインかもしれません。

 

歯が生えてきたら、次は歯磨きですよね。

でも赤ちゃんにどうやって歯磨きをしたらいいのでしょうか?

 

私は今、

2人の子供の子育てをしながら、小児歯科医院で歯科助手としてお仕事をしています。

お子様の歯磨き指導にいらしたお母様方から、

「いつからはじめたらわからない」

「やり方がわからない」

「嫌がってしまう」

など数多くの相談を受けます。

 

赤ちゃんの頃からの歯磨きはとても重要です。

でも習慣づけちゃえばこっちのもんです!!

これには親の根気が必要ですが…(笑)

 

赤ちゃんの歯磨きのやり方やコツをご紹介します。

 

スポンサーリンク


 

赤ちゃんの歯磨き:準備編

赤ちゃんの歯は、とても柔らかく繊細なものです。

乳歯の状態は永久歯にも影響を与えるので、大切に扱っていかなければなりません。

 

まだ離乳食が始まっていない赤ちゃんであれば、歯ブラシではなく、ガーゼやふき取りシートで軽くふき取る程度でいいです。

 

この頃に重要なのは口の中を触っても嫌がらないようにしておくことです。

そうすれば後々楽になります。

 

離乳食が本格的に始まった赤ちゃんは、しっかり歯ブラシをしましょう。

赤ちゃん用品店で、月齢に合った歯ブラシを購入してください

大きすぎても、小さすぎてもだめです。

 

赤ちゃんの目も楽しめるように、カラフルな色のものや、かわいいキャラクターのものもいいでしょう。

 

赤ちゃん用のフッ素入り歯磨き粉もおススメです。

ブドウ味やイチゴ味など様々なフレーバーがあります。

 

 

赤ちゃんの歯磨き:体勢編

赤ちゃんにとって、両親がお手本になります。

ですので赤ちゃんに歯磨きをする前に、赤ちゃんの前で両親(パパ、ママどちらがでも)が歯磨きをする姿を見せましょう。

 

すると恐怖心が和らぎます。

 

立ったまま、座ったままだと、動き出した場合危険なので

なるべく寝かせてから歯磨きをしてあげてください。

 

私が自分の子にしていたやり方ですが、安全で簡単な歯磨きの体勢があるのでご紹介しますね。

  1. まず大人が足を開いた状態で座り、
  2. 足と足の真ん中に赤ちゃんを寝かせます。(赤ちゃんの顔が股の間にくるように)
  3. 太ももの下に赤ちゃんの腕を持っていき、両腕を押さえ込みます。
  4. 暴れてしまうようでしたら、赤ちゃんの足も一緒に押さえ込みます。

 

赤ちゃんの腕に体重をかけ過ぎてしまわないように注意してください。

 

この体勢にすると、赤ちゃんの上半身と両腕が動かなくなるので

安全に歯磨きすることができるのでおススメです。

 

スポンサーリンク


 

赤ちゃんの歯磨き:方法編

自分の歯磨きと同じで構いませんが、あまりにもガシガシしてしまうと、出血してしまう恐れもあるので力を入れ過ぎないようにしてください。

 

一本一本丁寧に磨いてあげましょう。

「上の歯を磨くよ」「下の歯を磨くよ」「「いー」してみて」など声掛けも必要です。

 

表面だけではなく、裏側も忘れずに磨いてください。

 

私は週に1回は歯磨きにプラスしてフロスもします。

しっかり磨いているつもりでも、フロスをするとごっそり食べかすがでできたりするのでビックリします!!

 

自立心を促すためにも、最初は自分で歯磨きをさせてあげてもいいでしょう。

その時は必ず座らせてくださいね。

 

口をゆすぐ際は、

まだ小さい赤ちゃんだと難しいので、歯磨きのあとはお茶を飲ませてあげましょう。

大きくなってきたら、徐々に「グチュグチュペー」の練習をしていきましょう。

 

 

まとめ

  • 赤ちゃんの歯磨き:準備編

授乳中であれば、ガーゼやふき取りシート。離乳食が始まっていれば、月齢に合った可愛い歯ブラシを用意してください

  • 赤ちゃんの歯磨き:体勢編

足と足の間に寝かせ、足で赤ちゃんの腕をおさえます。暴れないのでおススメです。

  • 赤ちゃんの歯磨き:方法編

力を入れ過ぎず、一本一本丁寧に磨きましょう。歯磨きのあとはお茶を飲ませてあげることを忘れずに。

 

 

歯は一生ものです。

毎日の歯磨きも大切ですが、

定期的に歯医者さんで歯の状態や歯磨き指導を受けるようにしてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です