子育てに必要な費用って?幼稚園から大学までの学費まとめ

子育てをしていて気になるのは、やはり費用のことです。

 

オムツやミルクなどの衣食住に関する生活費、レジャーや旅行などの旅費、そして医療費などなど…

 

中でも、私が一番気にしているのは、学費のことです。

息子にはできる限り、自分の思うような進路や道に進んで行ってもらいたいものです。

金銭的な事情で、夢を断念させたくはありませんよね。

 

そこで、私立と公立の幼稚園から大学まで行った場合にかかる、学費について調べました。

ぜひ、今後の資金計画の参考にしてください。

スポンサーリンク


 

幼稚園

 

園や地域によって内容が異なることがありますが、幼稚園の費用は、だいたい次のような内容になります。

 

  • 授業料
  • その他の幼稚園教育費(制服、教科書、遠足費など)
  • 幼稚園給食費(おやつ含む)
  • 園外活動費(学習塾、習い事の月謝など)

 

私立の場合

3年間…約146万円

(年間…約49万円)

 

公立の場合

3年間…約69万円

(年間…約23万円)

 

(自治体の私立幼稚園就園奨励費補助金などは考慮していません)

 

幼稚園の段階で、早くも私立か公立かで2倍以上の差が出ています。

 

2年保育にするか、3年保育にするかでも大きく違ってきます。

また、給食の有無や、園外活動に参加する、しないでも違いが出てきますね。

 

 

 

小学校

小学校でかかる費用の内容は

  • 授業料(公立は0円)
  • その他の学校教育費(入学金、寄付金、遠足・修学旅行費、学級・PTA会費、教科書費、通学費、制服代、その他の学校納付金など)
  • 学校給食費
  • 学校外活動費(学習塾、習い事の月謝など)

 

私立の場合

6年間…853約万円

(年間…約142万円)

 

公立の場合

6年間…約183万円

(年間…約30万円)

 

私立と公立で約4.5倍とかなり大きな差があります。

 

また、私立と公立関係なく、入学時には学習机などの学用品、ランドセルなどの通学用品費などの出費がかさみます。

計画的に準備をしなければいけませんね…

 

スポンサーリンク


 

中学校

 

中学校でかかる学費は、次の内容です。

  • 授業料(公立は0円)
  • その他の学校教育費(入学金、寄付金、遠足・修学旅行費、学級・PTA会費、教科書費、通学費、制服代、その他の学校納付金など)
  • 学校給食費
  • 学校外活動費(学習塾、習い事の月謝など)

 

私立の場合

3年間…約388万円

(年間…約130万円)

 

公立の場合

3年間…約135万円

(年間…約45万円)

 

中学校では私立と公立とで、3倍近い差がありますね。

 

また、私立の中学校では、その他の学校教育費(校外学習費や施設費など)が、より膨らむ傾向があります。

 

 

 

高校

高校(全日制)でかかる費用は次の通りです。

 

  • 授業料(公立は0円)
  • その他の学校教育費(入学金、寄付金、遠足・修学旅行費、学級・PTA会費、教科書費、通学費、制服代、その他の学校納付金など)
  • 学校外活動費(学習塾、習い事の月謝など

 

私立の場合

3年間…約290万円

(年間…約100万円)

 

公立の場合

3年間…約116万円

(年間…約39万円)

 

私立は公立の約2.5倍です。

 

特に私立高校では、入学初年度にかかる費用に大きな差があります。

さらに、施設費や寄付金など、数十万円単位の費用がかかる学校もあるようです。

 

最近の私立高校では、修学旅行先が海外とうこも多いため、授業料以外に大きな出費がかかる可能性があります。

 

公立高校の場合でも、電車やバスを利用して通学することもあります。

そうすると、通学費が大幅に増えてしまいますね。

 

 

大学

大学生活にかかる費用は「国公立か、私立か、どの学部に進学するか?」によって変わっていきます。

 

大学に納入する学費は次の通りです。

 

  • 入学費
  • 在学費用

 

国公立大学の場合

4年間…約518万円

 

私立大学/文系の場合

4年間…約690万円

 

私立大学/理系の場合

4年間…約812万円

 

大学の場合は、私立と公立の差もありますが、文系や理系によっても費用が大きく変わっていきます。

 

また、入学検定料や受験料も学校によって差があります。

私立学校を受験する時には、検定料のことも考慮しておく必要がありますね。

 

さらに、親元を離れて大学を通う場合には、家賃や生活費という出費も増えます。

 

 

 

子育てに必要な学費についてまとめると

  1. やはり私立は公立よりも2倍以上の学費が必要
  2. 同じ私立でも、給食の有無や選択科目、通園、通学年数で違いがある
  3. 学費以外にも、通学用品や学習用品にかかる費用がある

 

 

学費をまとめて見てみると、かなりの高額でドキッとしてしまいました。

ですが、決してこれら全てが一気に必要になるわけではないのです。

 

学資保険を利用したり、子ども手当を使わずに、子供の学費のために!と貯蓄しているご家庭も多いです。

また、どうしてもという場合には奨学金制度を利用することもできます。

 

子供の進路の幅を広げるためには、コツコツ貯蓄をしながら、進学について、いろいろな手段を知ることも重要なことですね。

ほんの些細なことですが、今から節約することでかなり余裕がでますよ。

子育て中のママ必見!実践してほしい節約術4選!

また、入園を控えたお子さんがいる方はこちらの記事も必見ですよ。

子育てしながら保育園入園準備!○○をやらなくて大丈夫!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です