子育てが怖いと感じる…本当にあった私の子育て怖いシーン5選…

子育てをしていて「怖い…」と感じる場面に遭遇することは、けっこうあるのではないでしょうか?

危険な行動をしたり、病気やケガをしたり…

 

言葉が未熟で、ただ泣き続けるだけのわが子に不安と、恐怖を感じることもあります。

 

「いったい何で泣いているの!?」

 

「どこか具合が悪いのかな?」

 

私も、息子が生まれてからこれまで、成長していく段階で、様々な怖さを感じてきました。

 

私が子育て中に感じる、怖いシーンを5つご紹介します。

もし、「自分だけ!?」と不安になったら、ぜひチェックしてください。

 

スポンサーリンク


 

泣きすぎる

生まれてから言葉を話し出すまで、早くても1年以上ほどかかりますよね。

その間、どれほど息子は大泣きしたことでしょう…

 

顔を真っ赤にして、小さな拳を握りしめ、息を吸うのを忘れているんじゃないかと思うくらい、体をプルプル震わせるほどの大泣きです。

 

体の調子が悪いのかな?

 

何か大変なことがあったのでは!?

 

たまらなく不安で、私独りがドキドキして怖くなってきます。

 

今思えば…

  • ただ抱っこしてほしかった
  • ただお腹が空いていた
  • ちょっと背中がむれていた
  • 眠たいのに眠れなかった
  • ちょっと泣くつもりだったのに、自分でもわけがわからなくなっていた

 

言葉で気持ちが表現できない分、全身で表現していたのでしょうね。

 

 

静かに眠っている

息子の場合は、生まれてから10ヶ月間ほど毎日夜泣きがひどく、日中のお昼寝も下手くそで、本当に静かに眠っている姿を見るのは珍しいことでした。

 

そんな息子が、驚くほどにスヤスヤと眠っていると「えっ!息してる!?」と、死んでいるのではないかと、毎回怖くなっていました。

 

体を触って体温を確認したり、呼吸を確認したり…

あたふたしている私に気づいた息子は、せっかく寝ていたのに、再び覚醒です。

 

お互いにいい迷惑でしたね。

 

そういえば…

夜泣きが続いていた頃は、毎日夜が来ることにも恐怖を感じていました。

 

「今まさにそうだ!」という親御さんがいらっしゃったら、もうひと踏ん張りです!

嘘だと思うかもしれませんが、必ず夜泣きは終わります!!

 

スポンサーリンク


 

一点を見つめている

私はお化けや幽霊が苦手です。

怖いです。

 

それは、息子が機嫌よく遊んでいたり、逆に機嫌が悪くて、怒ったり泣いていたりしている時に起きます。

 

突然、息子がピタっと動きを止めて、部屋の中の一点だけを見つめ出すのです。

 

「子供は妖精やお化けが見える」

 

という噂話を、昔からよく耳にしていました。

 

どこまで本当なのかはわかりませんが、息子の様子を見ている限り、かなり信憑性のある噂だと思えてきます…

 

もう怖くて怖くてたまりません!!

そうなった時は「そっちばっかり見んといてー!」と、とりあえず息子にお願いします。

 

ただ、息子が一点を見つめ、泣いたり怯えたりする様子がないので、きっといいお化けか、かわいい妖怪がいてるんだろうな…と自分を納得させています。

 

 

地震などの天災

最近、日本のあちらこちらで地震が多発しているな…と、気になりませんか?

 

私が住んでいる地域も実際

『30年で南海トラフ地震(M8~9)が起きる確率は70%』

(参考元:「地震調査研究推進本部」)

と言われています。

 

日中、私が独りでいる時にそんな大地震に遭い、息子やペットを守れるのか?

 

運良く、家族を連れて避難できたとしても、先の見えない避難所での生活を考えると、怖くなるばかりです。

 

水や食料はもちろんのことですが、まだまだ小さい子供を子育て中のご家庭では、さらに紙オムツやミルク、離乳食などの問題が考えられます。

 

いくら準備をしても万全とは言い難いのが現実ですよね。

 

いつ起こるかわからない天災については、家族で話し合うことが大切ですが、考えれば考えるほど怖くなってくるのが本音です。

 

 

息子の将来

「いやいや」と言われ続けると腹を立て、ひどいわがままを言い泣き続けると、うんざりして無視をしてしまいます。

 

「私のこんな子育てで、息子は本当に立派な…

いえ、立派とも言わず、まともな人間になれるのだろうか?」

 

「どこか欠けた人間にならないだろうか?」

 

子育てをしていて日々考えてしまします。

 

保育園に預けているわけでもなく、主に私の「今」の子育ての積み重ねで、息子の将来はできあがっていきます。

 

そう考えると子育てって怖いですよね…

 

一人の人間の人生を握っているのも同然です。

かなり責任重大なのです。

 

 

 

子育ての怖いシーンをまとめると

  • 大泣きすることで意思表示をされる時
  • 子供の様子がいつもと違う時
  • 防ぎようのない天災に遭った時
  • 子育てそのもの

 

「怖い」と思うことは、不安の表れでもありそうですね。

 

慣れない子育てに常に不安いっぱいで、いつしかちょっとしたことで恐怖に感じてしまうことがあります。

 

子供はいくつになっても子供です。

成長すると共に、また違った内容で怖いと感じる場面に出くわすでしょう。

 

そんな時は独りで抱え込んではいけません。

些細な不安や恐怖でも、誰かと共有することで解消されることもあります。

笑い話になることだってありますよ。

 

不安で怖がる顔より、ニコニコ笑顔の親御さんの方が、子供は大好きなのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です