子育て中でも外出したい!とイライラのママ必見~私が勧める4つの方法~

出産を終えると生活は子供中心になり、今まで出来ていたことが出来なくなりますよね。

大好きなショッピングも、カフェ巡りも、美容院に行くことすら出来なくなった!というママは多いと思います。

今まで出来ていたことができなくなるのは大変なストレスで、イライラしがちです。

今回は子育て中に外出したい!と思ったときに私が実践した4つのことを紹介します。

スポンサーリンク


 

自宅で出来る趣味を見つける

赤ちゃんの月齢が低ければ低いほど長い時間の外出は控えなければいけません。

かと言って、毎日赤ちゃんと二人きりで子育てと家事をするのはストレスが溜まってしまいます。

 

しかし、月齢が低いと寝ていることのほうが多いので、ミシンを使ってベビー用品を作ったり、キッチンのDIYをしたり、赤ちゃんの写真を整理したりするのもいいでしょう。

私はミシンが苦手だったのですが、これから使用する機会が多いと思い、息子が寝ているときに少しずつ練習していました。また、これから赤ちゃんが成長するに従って、写真も増えてくるので今のうちに整理しておくと後で楽になるのでおススメです。

 

もちろん、忙しい子育てと家事の合間に自分の時間を見つけるのは難しいですが「この時間まで趣味にあてる」と決めてやると生活にメリハリがでますよ。

 

 

旦那さんに子供を預ける

「私も出かけたいけど、毎日仕事で疲れているからなかなか頼めない」というママは少なくありません。

しかし、ママが外出できないことでイライラしたり、ストレスを感じてしまっては赤ちゃんに伝わってしまいます。

そうなる前に旦那さんや家族にお願いをして外出してみましょう。

 

旦那さんに頼むのが不安であれば、次のことを伝えるとよいでしょう。

  • ママの行き先や帰宅時間
  • 1日の赤ちゃんのスケジュール(お昼寝やミルクなど
  • ミルクの量
  • ぐずぐずしたときの対処法

 

ママは毎日の子育ての中で何をどうしたらいいのかが分かっていますが、旦那さんはほぼ初めてなので分からないことばかりです。

少しでも赤ちゃんにとっても旦那さんにとっても快適に過ごせられるように出来るだけ必要なことはメモに残すなどしてあげましょう。そして、いざ外出するときは存分に楽しみましょうね。

 

 

子供と一緒に出掛ける

ひとりで外出したくてもできないときは、思い切って子供と一緒に外出してみましょう。月齢が上がってくれば少しずつ抵抗力がついてくるので、外出はしやすくなります。

 

近所の子育て支援センターや児童館はもちろん、自然が多い公園やショッピングセンターに出かけるのも良いですね。

特にショッピングセンターは授乳室が整っているところが多いので、ミルクの時間や突然ぐずぐずしてしまっても対応できるのでおススメの外出スポットです。

 

準備をしっかりしておくと、外出先でも気持ちにゆとりを持てますよ。必要なものは月齢によって変わってきますが、こちらを参考にしてみてくださいね。

 

  • 紙おむつ
  • おしり拭き
  • ビニール袋
  • タオル
  • 着替え
  • (混合または完全ミルク育児の場合)ミルクセット
  • (混合または完全母乳育児の場合)授乳ケープ
  • 母子手帳

 

施設によっては使用済みおむつ用のごみ袋やミルク、哺乳瓶が用意してあったり、授乳室が個室の場合もあるので、外出する前にウェブサイトで確認してみてくださいね。

スポンサーリンク


 

ネットショッピングをする

「ストレス発散はショッピング!」というママにとってショッピングに行けないのは大変ストレスですよね。

「赤ちゃんの月齢が低くて外出できない」「家族に預けることも難しい」そんなときは思い切ってネットショッピングをしてみましょう。

 

新生児や1ヵ月くらいの赤ちゃんだと抵抗力がなくて遠出は難しいですが、お昼寝をしている間に通販やファッションサイトなどでネットショッピングをすると気が晴れますよ。

私は「外出できるようになったらコレが着たい」と思いながらお買い物をしていました。

ただ、ショッピングのやりすぎには注意が必要ですので、かしこく活用してみてくださいね。

ママさんたちの上手な節約方法についてはこちらでまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

子育て中のママ必見!実践してほしい節約術4選!

 

子育てで外出できなくなったことでストレスを溜めないようにするために

  1. 自宅で出来る趣味を見つける
  2. 旦那さんに子供を預ける
  3. 子供と一緒に外出する
  4. ネットショッピングを活用する

 

上記のことを実践してみてくださいね。もちろん、子供の成長はあっという間ですので、お子様との時間も大切にして、楽しく子育てをしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です