子育て中のママ必見!実践してほしい節約術4選!

妊娠中は先輩ママから「子育てってお金かかるよ」なんて言われてもあまりよく分からなかったけど、いざ出産すると出ていくお金の多さにビックリしてしまうママも少なくないのではないでしょうか。

私も4ヵ月の男の子を育てていますが、最初の頃は「お金降ってこい!」と思う日々でした。そんな私が実践している節約術を4つ紹介していきます!

スポンサーリンク


 

図書館を利用する

 

妊娠しているときから胎教として絵本を読み聞かせていたママもいるかと思いますが、子供が生まれるといくつか揃えたくなりますよね。

1冊1000円程度だとしてもいくつか揃えるとすごい値段になってしまいます。

ですが、図書館では1度に数冊借りることができるので大変オススメです。

 

しかも、本屋さんでは「どれがいいのかな?」と悩んでしまいがちですが、図書館の司書さんに聞けばお子さんの月齢に合わせた絵本を紹介してもらうことも出来るので安心です。

 

地域によっては移動図書館や公民館でも図書があるところもあるので、近くに図書館がないという方は一度確認してみてくださいね。

 

布おむつを使う

月齢が低いほどおむつ替えの回数が多いですが、紙おむつの場合だいたい1日に10~15回ほど替えています。

各家庭によって使用回数や使用銘柄などは多少の誤差はありますが、2歳までにかかる紙おむつの費用は13万を超える家庭が多いそうです。

唖然とする高さですよね・・・

 

しかし、布おむつの場合、かかるのは初期費用(おむつカバー、布おむつ、布おむつライナー)だけなので1万円程度しかかかりません

もちろんおむつカバーはサイズアウトしたり、布おむつライナーは買い足したり、洗濯するために水道代・電気代はかかりますが、それでも1年目には2万円弱しかかからないので経済的です。

 

こんなに経済的な布おむつですが、紙おむつに比べて吸収性が優れないので頻繁に替えたり、洗濯ものが増えたりと、「めんどくさそう」と思いがちです。

私もめんどくさがりなのですが、昼間は布おむつで夜は紙おむつ、使用済みの布おむつは大きめのバケツに溜めておいてまとめて洗う、などして工夫次第で毎日の家事が楽になりますよ。

 

男の子と女の子で着け方が異なるので、こちらの動画を参考にしてみてください。

 

 

リサイクルショップ/レンタルショップなどを活用する

ベビー用品を買う際にどうしても考えてしまうのは、「すぐ要らなくなってしまうのではないか」ということじゃないでしょうか。

ベビーベッドやベビーカー、抱っこ紐、赤ちゃん用の布団、スケールなど、必要/あったら便利なものばかりだけどいつか無くてもよくなるものばかり・・・しかもそれぞれがいい値段しますよね。

 

購入する前に本当に必要なのか、と考えてから買うのもいいですが、あまり抵抗がないのであればリサイクルショップでも新品同様のものをゲットするか、レンタルするのも手です。

ベビースケールを購入するか悩んでいるのであれば、ショッピングセンターの授乳室に用意してある場合もあるので近くのショッピングセンターに寄ったついでに測るのも節約につながりますよ。

スポンサーリンク


 

子育て支援パスポートやクーポンを活用する

 

平成29年4月から全国47都道府県でも子育て支援パスポートの利用がとなりましたが、まだ知らない・使ったことがないママも多いのではないでしょうか。

 

もともと各地方が少子化対策の一環として行っていたのですが、内閣府が全国的に支援しようということで各都道府県と協力し、平成29年から全国共通で使えるようになりました。サービス内容はそれぞれの地域、企業で異なりますが、商品の割引など優待を受けられることができます。

 

またイオンでは「KIDS REPUBLIC」(アプリ)に会員登録するだけで、毎月使えるお得な割引クーポンが、株式会社Visual Innovationが運営する「子育て応援きっぷ」(年会費あり)に会員登録すると割引クーポンなどのサービスを受けることができます。私はおむつやおむつ拭き、ミルクなどの消耗品はこういったクーポンを利用して安く買うことができるのでオススメです。

 

 

子育てをしながら節約をしようと思ったらまず、

  1. 本は図書館で借りる
  2. 布おむつを利用する
  3. 使う期間が限られるものはリサイクルショップなどから購入する
  4. 子育て支援パスポート/クーポンを活用する

 

以上4点を実践してみることで、かなり節約できますよ。ですが、頑張りすぎは禁物です。たまには休憩しながら試してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です