子育てに車は必需品なのか?車を持つことのメリット,デメリット

哺乳瓶にバウンサー、バンボ…

 

妊娠してからこれまでに、あれやこれやと子育てのために、いろいろなものを買いそろえました。

 

初めての子育ての場合、何を準備すればいいのかわからず、必死に友人に聞いたり、ネットや子育て本で調べたりしませんでしたか?

私もそうでした。

 

しかし実際、子育てが始まると

「あれ?これ、特にいらんかったな…」

「全然使ってないや…」

というものもありしました。

 

それとは逆に、誰も教えてくれなかったし、ネットでも準備物として載っていなかったのに

「こんなに子育てに活躍するの!?」

という必需品もあったりしますよね。

 

私の場合、それはズバリなのです!!

 

しかし子育てをするのに、車はそこまで必要ないと感じている親御さんもいらっしゃいます。

 

賛否両論の車…

 

そこで、私が子育てをしている中で、実際に車があることのメリットとデメリットを紹介します。

 

子育てのために、車の購入を検討されている親御さんは、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク


 

車があることのメリット

緊急時

ここでいう緊急時は、夜泣きのことです。

 

大泣きする息子を抱いて、夜中に近所を散歩したこともありました。

…めちゃくちゃ怖かったです。

 

私がドキドキしていたせいか、息子も一向に泣き止まず、近所迷惑な上に、怖い思いをしただけでした。

 

そこで登場したのがです。

車だとすぐに泣き止んでくれるし、密室なので大きな声で泣かれても全く気にしませんでした。

 

ぐっすり眠ってくれれば路肩に車を止めて、私も仮眠を取ったりしていました。

 

この時の私は、車のない生活なんて考えられませんでした。

 

また、あってほしくないことですが、急なケガや病気の時にも、タクシーを使うより車の方が待ち時間もなく、スムーズに病院へ連れて行ってあげられます。

 

荷物が多い時

・買い物

子供を連れて自転車に乗るのって、それだけでもけっこう重たいんですよね。

(わが家は電動自転車じゃないので…)

 

前の座席で左右に暴れられると、バランスもかなり悪いですしね。

そこへ買い物の荷物が加わるとかなりの重労働なのです。

 

オムツやトイレットペーパーなど、大きくてかさばる荷物が多い時。

洗剤やペットのご飯など、重たい荷物がある時には車が重宝します。

 

・お出かけ

ママ友とちょっと出かける時でも子供がいると、オムツや着替え、おやつなどで、荷物はすぐにいっぱいになってしまいますよね。

 

そんな時に車があれば、みんな乗せて出かけられるので「ベビーカー+荷物+抱っこ」という、悲惨な状態を回避することがでるのです。

 

お友達も乗せてあげられるし、お出かけが楽しくなります。

 

車バンザイです。

 

 

長距離の移動をする時

特に帰省する時や旅行へ行く時です。

 

短い距離だと、電車やバスを使うのもいいのですが、子供を連れての長距離移動は、常に不安ばかりです。

 

・時間通りに行動できるか

・騒がないか

・泣き出さないか

・乗り換えがスムーズにできるか

・抱っこせずに歩いてくれるか

 

こんなんじゃあ、旅を全く楽しめません。

 

泊まりとなると余計に荷物も多くなります。

 

子育て中の長距離移動は、やっぱり車が安心でいいですね。

 

スポンサーリンク


 

天候を気にしなくていい

日中、子供がグズり出したりして困る時ありますよね。

 

例え大雨であっても、強風であっても、カンカン照りの暑い時間帯であっても、車があれば、子供を外へ連れ出すことができるのです。

 

ドライブというほどのことじゃなくても、車に乗ってちょっと近所を走り回るだけで、子供も私自身も十分に気分転換ができるのです。

 

 

車があることのデメリット

維持費

 

車を持つことの問題点と言えば、何といっても維持費ですよね。

 

わが家の普通車で、毎月の車に関わる出費を見てみると

・ガソリン代

¥5,000~円

 

・高速代

¥3,000~円

 

・駐車場代

¥9,000円

(わが家はマンションなので…戸建ての場合、ここはいりませんね。)

 

年間で見ると

・自動車税

¥39,500円

 

・保険料

¥100,000円ほど

 

・メンテナンス代

(洗車や掃除など)

¥~10,000

 

・車検代

¥130,000円~

(2年に1回)

 

改めて金額を並べてみても、恐ろしい額ですね…

 

そうでなくても子育ては出費がすごいのに、毎月、毎年これだけの貯金ができたら、さぞ裕福な生活ができそうですね。

 

言い争いになる時

普段、旦那は電車通勤です。

私もガソリン代や運動量のことを考えて、日常の買い物はできるだけ自転車を使うようにしています。

 

ただ、買い物する日の前後の予定や、スーパーの特売の関係で、まとめ買いをする時に車を使いたいのです。

 

まとめ買いを予定している日に、たまたま旦那から「明日の仕事は車を使う」と言われると「何で?」から始まり「電車で行けばいいやん!」、「自転車でも大丈夫やろ!?」と必ず言い争いになります。

 

けっきょく、何をどう言っても旦那は仕事だし、実際私は自転車でも何とかできるし…と、旦那に毎回100%譲るのです。

 

それをわかっていて、最近では「車使いたいねんど、いいかな?」と遠慮気味に伺ってきます。

もうそれすら腹が立ちます。

 

たいした喧嘩ではないのですが、余計なイライラや、言い争いの原因になる時、車がなければこんなことにはならないんだろうなぁ…と、考えてしまいます。

 

危険を感じる時

車が大好きな息子です。

ほとんどの場合は、ご機嫌でチャイルドシートに座っているのですが、ごくまれにギャーギャー騒いで、どうしようもなくなる時があります。

 

そんな時こそ、運転中は平常心を心がけているのですが、何となく気が慌てるし、落ち着かなくなります。

 

私一人で運転している時には、信号や周囲の車を見落とすなど、注意散漫になってしまい、これまでに何度か事故を起こしそうになり、ヒヤリとすることもありました。

 

調子に乗って車に乗って来るんじゃなかった…と反省する瞬間です。

 

 

 

 

子育て中、車があることのメリット、デメリットをまとめると

・メリット

  1. 間違いなく緊急時には大活躍
  2. 荷物が多く、長距離の移動をする時には、なくてはならない存在
  3. 天候や天気を気にせず外出できる

 

・デメリット

  1. 何といっても莫大な維持費
  2. 思わぬところで夫婦喧嘩の原因となる
  3. 子供の機嫌が悪いと、事故を起こしそうになる

 

 

維持費などの様々な問題のある車ですが、私の場合は、車のあらゆるデメリットを含めても、今の子育てをしている状況で、車があってよかった!助かった!と心底思っています。

 

だからといって、必ず子育てをしている各ご家庭で、車を持つ必要があるかと言えば、そうでないでしょう。

 

・家と実家がご近所

・まとめ買いなど、重たい荷物がある時は旦那さんが手伝ってくれる

・家の近くに駅やバス停がある

・レンタカーを利用できる

・すべての用事が自転車圏内で済ませられる

など…

 

実際、私の友人も「車はないけど、電動自転車があるから大丈夫!」と言っています。

 

車は家族にとって大きな買い物の一つです。

 

ご家族で今の生活状況や、今後の生活スタイルをしっかり見直してみてください。

そして、車がある生活とない生活、どちらがより暮らしを円滑にできるか、一度話し合って検討してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です