子育て中の旅行って?赤ちゃん連れでも慌てないコツ

慣れない子育てで、毎日忙しいママさん達。

「リフレッシュに旅行に行きたいな~」と思っても、なかなか赤ちゃん連れで…と考えて躊躇してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

私も出産後の慣れない子育てや、寝不足などでイライラしていました。

子供と一緒に寝てしまう生活が続き、なかなか夫婦のコミュニケーションも取れていませんでした。

なので思い切って赤ちゃんが生後6か月あたりから、家族で温泉旅行に行くようになりました。

ところが子連れというのはサプライズの連続!!なにがない、なにが足りない、なにを忘れた、など数多くの失敗を体験しました。

リフレッシュどころか、数倍の疲れが…。

まぁそれもまた私たちにとってはかけがえのない思い出となっています(笑)

リフレッシュしに旅行に行きたいけど、赤ちゃん連れは不安、何を準備したらいいの…という方に、私が体験したこと、失敗したことを踏まえて、子連れ旅行で慌てないコツをお教えします。

スポンサーリンク


 

宿選びが最も大事

子連れ旅行で一番大切なのは宿選びです!!

まだ1歳未満の赤ちゃんを連れていくのであれば、宿にいる時間を大切に考えましょう。

お昼寝の時間、頻繁なおむつ替え、3時間ごとの授乳など、時間がよめないことがあるので、入浴時間が決まっている大浴場のみ宿ではなく、できれば露天風呂付客室、もしくはパパも一緒に入れる家族風呂(貸切露天風呂)がある宿を選んだほうがいいです。

部屋にお風呂があれば、赤ちゃんが寝ている間にママもゆっくり入ることができます。

 

ですが、なかには露天風呂付客室がある宿はおむつが取れていない赤ちゃんは泊まることができないところもありますので注意が必要です。もちろんなかには赤ちゃんウェルカムの宿もあるのでご安心を!!

 

もし大浴場のみの宿でも、ベビーベットがある、小上がりになっている畳の脱衣所がある(寝かせて着替えができる)、ベビーバス・バスチェアを完備してくれている宿もあります。

最近では赤ちゃん用のベビーソープまで用意してくれている宿もありました。

それにお風呂で遊ぶおもちゃまで!!そんな小さなことがママにとっては嬉しいですよね。

宿のHPなどで、よくチェックしてみてください。

スポンサーリンク


 

移動手段は車か、電車か

まだ赤ちゃんが1歳未満だった頃は、なるべく車で旅行をしていました。

出産前は電車(新幹線)のほうが時間は正確で早い、なによりビールを飲みながらゆったり…なんて時間が醍醐味だったのですが、赤ちゃん連れだと1番のメリットである発車時間が正確であることが逆にデメリットになってしまうことも。

きっとみなさんも発車時間を考えて、逆算して余裕をもって家を出ますよね?

もちろん途中で授乳だったりおむつが汚れてしまったりなど、想定外なことが起きます。

 

逆に発車まで時間がありすぎて、グズるのをあやしながらずっと駅をウロチョロ、なんて経験もあります。

 

車移動の場合、息子が寝ている間にひたすら走る、起きたらサービスエリアで休憩を取ったり、車内での授乳もできるので、息子のタイミングで行動が出来ました。

何より泣いてしまったときに、周りの目を気にしなくていいことが最大のメリットともいえますね。

サービスエリアのベビールームの情報も前もって調べておくといいかもしれません。

とにかく赤ちゃん連れならば車での移動がベターです。

 

宿周辺の観光地はもちろん、病院(夜間救急)も忘れずチェック

みなさんは旅行前に宿周辺の観光地を調べてから行くと思います。

ですが病院まではなかなか調べないですよね。

赤ちゃん連れで旅行に行く前は、ぜひとも近くの病院、夜間救急をチェックしておくといいです。

私は2回ほど、旅行先で病院に駆け込む経験をしました。

 

1回目はお正月に主人の実家へ帰省中、息子が生まれて初めて39度を超える高熱を出した時です。慌てて救急外来を探し、電話をしまくり、遠く離れた病院まで行ったことがあります。

2回目は新幹線で旅行へ行った際、息子の腕が抜けるというハプニングが起こりました。1回目の経験を活かし、前もって病院を調べておいたのですが、整形外科までは調べておらず、結局一から調べなおし、急いで病院に駆け込みました。本当に「トホホ…」でした。

旅行先の観光地と共に病院の場所も一緒に調べておいたほうが、スムーズに対処できます。

私は忘れっぽい性格なので、旅行前に病院のHPを何件かブックマークしてから行くようにしています。

 

まとめ

  • 露天風呂付客室、もしくは家族風呂(貸切露天風呂)がある宿がおススメ。

部屋にお風呂があれば、赤ちゃんが寝ている間にママもゆっくり入れます。

 

  • 赤ちゃん連れは車移動のほうが、赤ちゃんのタイミングで動けます。

泣いても周りの目を気にしなくていいので、ママにとってもGOOD。

 

  • 宿周辺の病院や夜間救急をチェックしておく。

赤ちゃんの体調の変化に慌てないためにも、HPをブックマークしておきましょう。

 

赤ちゃん連れの旅行は賛否両論ありますが、赤ちゃんにとってはママの笑顔が一番だと思うので、ママのリフレッシュのためにも、旅行に行って息抜きしてみてはいかかでしょうか。

車で移動する際はこちらの記事も参考になりますよ。

赤ちゃんのドライブデビュー。家族で楽しむための事前準備とは?!

もし、飛行機を利用されるのであれば、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんとの飛行機にはコツがある?!これさえ知っておけばもう安心!!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です